OUR POLICY

トランスコミュニカのポリシー

  • GLOBAL

田舎町から世界へ

わたしたちの目指すものは世界です。しかしオフィスは大分という田舎町にあります。日々は豊かな生活を送りながら、でも世界を相手にしたい、その矛盾を打ち破るのがわたしたちのミッションのひとつです。

  • PEOPLE

IT、それは人が作るもの

社員の満足度、それはお客様へのサービスレベルにも影響します。部活動、教育、福利厚生を通じて社員が楽しく働ける職場を目指します。(なので服装は常にカジュアルです)

  • TECHNOLOGY

常に最新かつ面白い技術を追い続けます

21世紀はITの時代、それを生き抜くには常に新しい技術の学習と、レガシー技術の経験が求められます。社員一人ひとりのバックグラウンドからくる専門性と、社内研修を通じた技術力の共有によって常に高いレベルの技術を提供します。

  • PASSION

情熱がなきゃ・・・

何よりも面白いことをしたい、ひとのためになることをしたい、社員それぞれの情熱が会社を動かしていきます。どんな仕事にも面白い部分があります。わたしたちは常に情熱を持って仕事をします。

会社名 トランスコミュニカ
住所 〒870-0021 大分県大分市府内町1−1−20 TOYビル4F
設立 2010年7月
会社名 トランスコミュニカ
代表取締役 山本譲治
資本金 200万円
電話番号 097-594-2101
従業員 7名(パート含む)
事業内容 システム開発
アプリ制作
ホームページ制作
ITコンサルティング

人と人、心と心をつなぐ トランスコミュニカ

私が初めて海外に行ったのは16歳の夏、シカゴの郊外に1年間ホームステイし、現地の高校に通っていました。そこで感じたことは、自分はいかに小さな世界で生きていたかということ、そして常識だと思っていたものが全く常識ではなかったのだということでした。大人になり、ITの世界に足を踏み入れ、商社の基幹システムを担当しながら世界中を回りました。高校生当時には普及していなかったインターネットが当たり前になり、世界はネットでつながっていましたが、同時に、ITが世界をつなぐためにできることはまだまだたくさんあると痛感しました。ほんとに、まだまだだ、と。

ITを使って世界中の人と人をつなぎたい、その理念を元に起業し、翻訳(Translation)や遠くから遠くへという意味を込めた「Trans」と、つながりを意味するコミュニケーション(Communication)の「Communica」をつなぎ、「Transcommunica」- トランスコミュニカと名付けました。私たちのミッションは「ITを使って人と人、心と心をつなぐこと」です。様々なIT事業を行っていますが、すべてはこの考え方につながっています。

もうひとつ、世界は広いということは、同時に、ひとりひとりが生きている世界は非常に狭いということでもあります。どうせ狭い世界なら「楽しく」生きよう、世界を見てそう考えるようになりました。私自身、社員、お客様が「楽しく」仕事をし、それぞれがたった一度の人生の貴重な時間を楽しく過ごす、トランスコミュニカがそのきっかけになる会社であるよう日々楽しく仕事をしています。

まだお会いしていないみなさまとつながりができる日を楽しみにしています。

代表取締役 山本 譲治