いまやホームページを持っているのは当たり前の時代。

ITはとかく難しい言葉が並びがちです。それをわかりやすい形で説明し、最適なソリューションをお客様と一緒に考えていくのは弊社の得意分野です。答えはひとつではありません。海外からの集客、海外への販売など、英語その他言語を活用した戦略も他社にはない強みです。

ホームページ制作

見た目だけじゃない

デザインは、色、形、文字の大きさなどに目が行きがちですが、「見やすさ」「動線」「文章」などと組み合わせてトータルで決まります。そこまで深く考えて制作します。ワードプレスを使い、お客様ご自身で管理・更新できるホームページをご提供します。

スマートフォン対応

スマホ対応してますか?

今はアクセスの半数近くはスマートフォンから、というサイトも多くあります。スマートフォン対応していないサイトって見づらいですよね?あなたのサイトもそう思われているかもしれません。弊社では既存のサイトをレスポンシブ化するお手伝いもしています。

英語・多言語サイト構築

もっと世界につながる

インターネットで世界がつながった、といいながら、実は日本語が読める人は全世界の数%です。せっかく素晴らしいアイデアとサービス、商品があるなら、世界に伝えてみませんか。あなたのサイトを英語もしくはその他の外国語に変換するお手伝いもしています。

ショッピングサイト構築

CS-cart、その他ショッピングサイトを構築します

御社独自のショッピングサイトを制作します。楽天・アマゾンで販売するのもよいですが、やはり自社のサイトでないと伝えられない部分もありますよね。あなたの商品、サービスに合わせたショッピングサイトの構築をお手伝いします。

英語・多言語ショップ構築

海外へ販売しよう!

あなたの素晴らしい商品を海外へ販売するお手伝いをします。最近のショッピングカートには英語・スペイン語、フランス語、中国語などへの翻訳機能がついています。さらに拠点ごとのサーバー構築など、トータルでサポートいたします。

デザインも、コンテンツも、どちらも大事です

デザインは、色、形、文字の大きさなどに目が行きがちですが、
「見やすさ」「動線」「文章」などと組み合わせてトータルで決まります。

悪い例:
デザインはかっこいいが中身が少ない
デザインはいいけどページ構成がバラバラ

我々はホームページを作成する際に、お客様と、そして社内で、納得いくまで議論します。「どうすれば見やすいか」「ターゲットは誰か」「目的は何か」しっかり考えながら構成まで含めたデザインをします。

海外オフショア(東南アジア)を活用した低コスト

デザインが完成したら、ページの作成に入ります。作成はHTMLという世界共通のプログラムで作成されます。

私たちは東南アジアにパートナー会社を持っており、制作は主にそちらで行います。HTMLは世界共通であり、また、東南アジアの人材のレベルは場合によっては日本より高く、低コストながら高品質のページをご提供することが可能です。


月額費用はかかりません

基本的に、月額の管理料はいただいておりません。

世界で一番使われている「ワードプレス」という管理ソフトを一緒にご提供しますので、お客様自身でページの更新、記事の追加が可能です。

昔はホームページといえばプロにしか分からないものでしたが、それも今は昔です。
ただし、ご自身で管理したくない、パソコン関連はさっぱりだ、というお客様などには月額費用をいただいて管理することも可能です。

サーバーはお客様毎にご提供します

当たり前ですが、完成したホームページはお客様のものです。したがって、お客様名義でサーバーを用意し、納品します。万が一、そのあと別の制作会社が修正をしたり、社内の方が修正する場合も、自由に行っていただけます。

わたしたちとしては長くお付き合いしていきたいですが、初めて頼む制作会社にすべて握られてしまうのは怖いと思うお客様もいらっしゃるかと思います。私たちとしては、またホームページをリニューアルする際にまたここに頼もうと思っていただける、そんな制作会社でありたいと思っています。


スマートフォンからのアクセスが50%以上?

弊社のお客様でも、ホームページやショッピングサイトへのアクセスの半分以上がスマートフォン、という方もいらっしゃいます。10年前、誰がこんなにスマートフォンが広がるなんて予想できたでしょうか(スティーブ・ジョブズをのぞいて)。今やスマートフォン対応はオプションではなく「当たり前」になりつつあります。


既存サイトをそのまま活用

すでにホームページをお持ちの方でも、既存のサイトをそのままスマートフォン対応することも可能です。ただ、何か設定すれば簡単に対応できるものではなく、スマートフォンの場合にどのように表示するかというレイアウトデザインを検討し、修正作業を各ページに行います。ただ、ホームページを一から見直すよりもコストとしては一般的に安く済ませることが可能です。詳細はサイトによって異なりますので、お気軽にお問い合わせください。


スマホ専用ページ? レスポンシブ対応?

スマートフォン対応には大きく2種類あります。
①スマートフォン専用ページを作る
②スマートフォンで表示する場合に自動的にレイアウトが調整されるようにする
という2種類です。スマートフォン登場当初はどちらがよいのか議論がありましたが、現在では②の「レスポンシブ対応」が様々な面からよいとされています。グーグルもレスポンシブ対応を推奨していますので、弊社でスマートフォン対応する際は基本的にレスポンシブ対応を実施します。

レスポンシブ対応のメリット

レスポンシブ対応のメリットは、ページ構成がそのままでよいという点です。スマートフォン専用ページを作る場合、たとえば同じ内容ページでもパソコン用のページとスマートフォン用のページの両方できてしまうため、管理が大変になります。また、グーグルなどの検索エンジンも、どちらのページを表示したらよいのか迷ってしまい、結果的に検索した人に正しいページが表示されない可能性がでてきます。このように、管理面、検索面から現在はレスポンシブ対応が良しとされています。

レスポンシブ対応のデメリット

レスポンシブ対応の唯一の欠点はパソコン用の画像などの重たいデータもスマートフォンで表示しなければいけないため、携帯電話の電波など通信容量の小さい端末では表示が遅い、パケット代が余計にかかるといった点でした。しかし、現在、通信環境は劇的に早く、安くなりましたので、この問題はほとんどの環境では解決されています。

あなたのビジネスを世界に

インターネットはせっかく世界につながっているのに、あなたのビジネスを世界に発信しないなんて、もったいないと思いませんか?弊社は英語が堪能な人材(日本人)、海外の人材、海外のオフショアオフィスを持っていますので、あなたのサイトを英語にして世界に発信するお手伝いができます。

世界から集客?

海外から来た人、来ようとしている人も、あなたの商品、ビジネスを求めているかもしれません。しかしそれが日本語だけのページだったら・・・。旅館・ホテル経営者の方、外国人も集客したい小売業の方など、わたしたちの経験を踏まえながら御社のホームページやシステムを他言語に翻訳し、ご提供します。新規のページ作成のみならず、「いまあるホームページを英語化したい」といったケースももちろん対応いたします。

internetspeedup
翻訳後、どうするか

ホームページを多言語化すると、新たな問題が発生します。外国語で問い合わせがきたらどうするのか、という点です。この点については明確な答えはありませんが、外国語ができるバイトなどを雇う、外部に委託する、などケースバイケースで対応が異なります。弊社では、一部問い合わせ対応を代行する場合もありますし、誰かを紹介することもありますが、他社の実績もご紹介しながら一番よい方法をご提案します。

英語、中国語、韓国語など多数対応

幸い、私たちが拠点とする大分には、立命館アジア太平洋大学を始め、国際色豊かな人材が揃っています。英語のみならず、その他の言語も様々対応可能です。各言語のネイティブが確認することにより、おかしな翻訳結果にならないよう対応します。

海外戦略のコンサルティングも

残念ながら英語のサイトを作るだけでは、いきなり売上をあげたり、集客をするのは難しいのが現実です。トランスコミュニカでは、「どうやって海外向け売上を上げるか」「どうやって海外から集客するか」という戦略を、いままでの豊富な経験をもとにアドバイスします。
{海外向け販売・外国人集客コンサルティング}


デザイン性のあるショッピングサイト構築

商品に合わせて、おしゃれで、かつインパクトのあるショッピングサイトを構築します。同時に使いやすさ、購入のしやすさも考えて、お客様のビジネスに合ったショッピングサイトを構築します。

事例はこちら


CS-Cart、EC-Cubeなどを活用

CS-Cart、EC-Cubeなどのショッピングカートシステムを活用して、コストを抑えつつ、機能的なサイトを構築します。

CS-Cartを使ったショッピングサイト構築

CS-Cartを使ったショッピングサイト構築の実績があり、作成だけでなくメンテナンスもお任せください。

CS-Cartの主な特徴
・HTMLなどの知識がなくても大丈夫
・グリッドデザイン採用で、デザインの変更が簡単
・ユーザー管理、キャンペーンなど機能が豊富
CS-Cartホームページ

EC-Cubeを使ったショッピングサイト構築

国内で最も人気のEC-Cubeを使ったショッピングサイトの構築をお手伝いします。

EC-Cubeの主な特徴
・国内最大の実績
・豊富なプラグイン(追加機能)

英語のショッピングサイト

豊富な国際人材と海外パートナーを持つ弊社だからできる、英語や他言語のショッピングサイトをご提供します。

詳しくはこちら

CS-Cartを使った多言語サイト

弊社が多く採用しているCS-Cartには、日本語、英語、中国語、スペイン語など多くの言語への切り替え機能が付いています。その機能を活用し、海外の人が自分の言語で購入できるようになります。もちろん、ページのコンテンツも各言語で準備しておけば、購入率はぐっと上がります。

アマゾンサーバーを活用してサイトを世界に配置

日本のサーバーにショッピングサイトを置いても、海外の人からすると、遠くのサーバーにアクセスしているため、サイト表示速度が遅くなることは否めません。アマゾン社が提供するサーバーを活用すれば、世界中のサーバーにサイトを分散配置してくれる(cloudfront : クラウドフロント)ため、表示速度はどの国でも速くなり、購入ロスを減らすことができます。弊社ではすでにこれらの運用実績があるため、適切なサーバー設定、アドバイスが可能です。

海外からの決済実績

英語のサイトを作っても、次に悩むのは代金回収方法です。最も有効な方法はペイパル(PayPal)を使ってクレジットカード決済をしてもらうことです。世界でもっとも多くの人が利用しているペイパルを利用すれば、海外からの支払いであっても、あなたは特に難しい処理をすることなく代金を受け取ることができます。
また、近年ではフィンテックという言葉で盛り上がりを見せているように、新しい決済サービスが続々と登場しています。たとえば Spike や Stripe など、オンライン決済の種類はこれから爆発的に増えていくと思われます。これらの中から最適なソリューションをご提案します。

アマゾンペイメント

最近ではアマゾンペイメントの人気が上がってきています。あなたのサイトにアマゾンペイメントを導入すると、購入者はアマゾンのアカウントを使って支払いができるため、クレジットカードの入力、住所の入力をせずに購入できます。国内ではまだ初期段階ですが、海外では急速に広まってきており、海外向け販売では欠かせない決済方法になりつつあります。そのほか、楽天ID決済、LINEPayなどの決済サービスも急速に普及しており、合わせてご説明、ご提案をいたします。

海外販売コンサルティング

サイトを作っても、残念ながらそれだけで売り上げが上がるというわけではありません。どうすれば売り上げが上がるか、弊社の実績を元に様々な角度からアドバイスします。
詳細はこちら。海外販売コンサルティング

制作実績例

d-torso

海外向d-torsoショッピングサイト

アキ工作社様は、段ボール素材を使ってマネキン、動物などの形の組み立てキット「d-torso」を開発している会社です。3次元の物体を独自の手法で構造化し、積層させることで形を表現する手法はとてもユニークで、しかもその繊細なデザインに驚かされることでしょう。
ショッピングサイトの構築にあたっては、海外での利用実績、評価を分析し、いくつかの候補からCS-Cartを選択しました。弊社自ら英語でのサイト構築をし、ネイティブチェックをかけて構築しています。また、アクセス速度が落ちないよう、世界中のサーバーに分散配置しています。海外での決済や、配送方法などにも対応し、日本から世界に向けてd-torsoを販売しています。

主な特徴:

  • CS-Cartを利用
  • 英語以外の言語も一部実装
  • サーバーを世界に分散配置
  • スマートフォン対応
  • 海外での決済、海外向け配送対応

アキ工作社サイトはこちら

制作実績例

インプラッツ城崎 様

ウェブサイト&予約システム連携

インプラッツ城崎 様
国東時間株式会社 様

海外向けECサイト

国東時間株式会社 様
国東時間株式会社 様

海外向けECサイト

国東時間株式会社 様